2011/12/06

UMD Passport

PlayStation Vitaの発売が近づいてきてようやくPSPタイトルを移行する手段が提供され始めました.

基本的なUMD Passportの位置づけとしてはあくまで現行資産をVitaで遊ぶためのもの!
なのですけどもPSPをまだまだ使い続ける人にもアレな方法を使わずにディスクレス化できるのはひとつのメリットじゃないかなと思います.(有償ですが)
きっとみんなが望んでいるであろうMHP3は残念ながらまだ対応していませんけどね.

で,試しに登録して見ました.
このシリーズはとても好きなんですけども3Dはなんか色々あって結局体験版しかプレイしてなかったんでいい機会だからちょっとやっとこうかなと.

手順としては
・PS3/PSPのStoreに入ってPSPコンテンツのトップにあるUMD登録アプリケーションをダウンロード(Topに表示される履歴には無いので注意,ちょっと迷った)
・PSPのXMB,ゲーム,メモリースティックの中にあるので起動
・アプリの指示に従いUMDを入れてアカウントに紐付け

注意点としてはPSPがオンラインに接続できている環境でないとダメなとこです,
無線LAN環境が整ってる人は良いですけどもない人は最悪PlayStationSpotとか公衆無線LANサービスを使わないとダメです.
またあくまでUMD Passportの登録だけなので購入まではこのアプリでは出来ません,
登録後にPlayStationStoreに入ると該当ソフトのタイトルにUMD Passport価格と表示が出て価格も訂正されていると思います.

こんな感じ(PS3の画面を撮影)
びふぉー
ブレブレで切ないですねー 価格は標準の2,800円

あふたー
GalaxyNexusもやるじゃないか,UMDP価格の1,000円に訂正になってます.

気を付けなければならないのは1枚のUMDで登録できるのは1回だけかつPS Vitaも基本的に1アカウントしか登録できないことです.
PSP/PS3と比べてPSIDの個人への関連度がVitaでは高くなるので変なPSIDとかトロフィーとかが気になる人は今のうちに新しいID作るなりしてそちらを登録するとか一応対策を考えたほうがいいかもしれません.
いずれアップデートで対応されると思いますけどね.

今現在は対応タイトルも少ないですしタイトル自体が増えていくのもVita発売後になると思いますけど基本的にPSP所有者で対応タイトルのUMDを持っているのでしたら特に難しい作業でもないですし登録しとくと良いんじゃないかと思います まる.

0 件のコメント: